一般社団法人 日本ビルヂング協会連合会 | Japan Building Owners and Managers Association

環境省では「クールビズ」の取り組みを平成17(2005)年度の開始以降、多くの皆様の御協力をいただき継続実施しています。クールビズは、適切な温度での空調使用と各自の判断による快適で働きやすい軽装に取り組んでいただくことで、多様で柔軟な働き方にも資する省エネ・省CO2を図るものです。

 昨年(令和3年)同様、地域による気候の違い等を踏まえ、政府が全国一律の実施期間の設定を行うことはぜず、各地域の状況、日々の気温、それぞれのワークスタイルや仕事環境等に応じて、多様で柔軟な働き方にも資する省エネ・省CO2対策として「クールビズ」を今年度も推進していきます。

 例えば東京においては、例年5月から9月は夏日が月の半数以上であることを踏まえ、この期間(5月~9月末まで)に集中的に呼び掛けを行います。

 環境省では、クールビズの実施を始めとして、住宅の断熱化や太陽光パネルの設置、省エネ家電への買換え、EV等の電動車の導入、ワンウェイプラスチックや食品ロスの削減など、脱炭素型のライフスタイルへの転換を呼び掛けていきます。

 → 環境省ホームページ

 

【クールビズとは】

 地球温暖化対策の一環として、平成17(2005)年度から政府が提唱する、過度な冷房に頼らず様々な工夫をして夏を快適に過ごすライフスタイル。

室温の適正化とその温度に適した軽装などの取組を呼び掛けています。軽装以外の取組としては、省エネ型エアコンへの買換え、西側の日よけのブラインド、日射の熱エネルギーを遮蔽する効果がある緑のカーテンなどを推奨しています。

 

日本ビルヂング経営センターでは、6月1日から「ビル経営管理講座」を開講いたします。

同講座は広範な「ビル経営管理」の実務が体系的に学べる講座で、

履修期間は6月1日~9月30日。3科目・7冊のテキストとWebでのeラーニングによる通信教育講座となっています。

 

詳細・申込みはこちらから→ https://www.bmi.or.jp/abm/course-info.html

日本ビルヂング協会連合会は6月15日(水)、金沢市のANAクラウンプラザホテル金沢で第82回定時総会を開催いたします。
また、総会関連行事として、総会前日14日(火)に「中小ビルの経営を考える集い」、総会翌日16日(木)に懇親ゴルフ会や懇親旅行会を企画しています。

 

なお、新型コロナウイルスの感染状況によって変更があることをご了解いただき、ご検討、お申込みいただければ幸いです。

 

  → 第82回定時総会(金沢総会)のご案内

  → お申込書

日本ビルヂング協会連合会では、前年度の「中小ビルの新型コロナ感染症対策に関する緊急アンケート調査」に続き、Withコロナ・Afterコロナを見据え、テナントの動向に焦点を当てた『中小ビルの新型コロナ追跡アンケート調査』を実施いたします。


コロナ禍における現在のテナント状況とその動向、テナントニーズの変化などを探り、全国の会員へフィードバックしていきたいと考えております。

 

前回同様、GoogleのWebアンケートシステムを利用します。
下記のURLをクリックするとアンケート画面が開きます。
画面が開いたら、設問に従い入力をお願いします。
(赤字の※印の設問は必須項目ですので、必ずご入力ください)
(設問は32問、回答に要する時間は約20分程度です)
ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

https://docs.google.com/forms/d/1bFCGA5vaSOmH0eO6qvx6hDEdbev8CGIDomBrFh2PRn8/edit

 

また、上記のGoogleフォームが使用できない方は、
下記のアンケート表をプリントアウトいただき、
直にご記入の上、事務局へメール添付(jimukyoku@birukyo.or.jp)
あるいはFAX(03-3212―6783)ください。

     → アンケート表

 

なお、アンケート回答は1社1名に限らせていただきますので、
重複があった場合は、事務局にて最初の回答者以外は削除させていただきます。
ご了解ください。

【連合会事務局からのお知らせ】

 

令和4年1月11日に開催を予定しておりました「令和4年新年賀詞交歓会」に
つきましては、新型コロナウイルス感染症の再拡大が懸念されることから、
誠に残念ながら開催を中止とさせていただくこととなりました

経済産業省と(一社)日本照明工業会では、蛍光灯照明器具をLED化する際、
あるいは長期間使用した器具を交換する際についての注意喚起を行っています。
直管LEDランプと既設の照明器具の組合せが不適切な場合、
重大事故が発生していることから、
「“まるごと”照明器具交換を推奨します」と呼び掛けています。

 

  → 詳細パンフレット

国からのアドバイスを踏まえ、「ビル事業における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン」を改訂致しました。

ガイドライン11月1日版

国土交通省は、不動産特定共同事業等の不動産証券化に係る

専門家派遣支援事業(窓口:株式会社価値総合研究所)を実施しております。

この事業は、不動産証券化手法により遊休不動産(空き家、空き店舗等)を

活用する事業者等に、国の負担で専門家を派遣し、

計画策定等の支援を行うものであり、募集期間が7/9~8/9となっています。

 

国土交通省HPはこちらです。

 

https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo13_hh_000001_00056.html

コロナ感染拡大防止に係る状況の変化を踏まえ、「ビル事業における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン」を改訂します。

改訂後最新版

 

主な改正は次の通りです。

 

①経団連のガイドラインの改訂を踏まえた、ハンドドライヤーの扱いの変更

 (6ページ11行目―13行目)

②別紙4「感染リスクが高まる「5つの場面」の追加

 (11ページ他)

③次亜塩素酸水の扱い他消毒方法についての周知

 (5ページ13行目―17行目)

 

環境省所管の標記「建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業」に係る

今年度の公募日程等が決定し、実施要領等を公表されましたのでお知らせいたします。(https://www.env.go.jp/press/109655.html)


1.公募する対象事業

「建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業」は、分野に関わらず広く建築物等において大幅な脱炭素化・レジリエンス強化の促進に必要となる経費の一部を補助するものです。

このうち、以下に掲げる事業について公募を開始いたします。

 (1)レジリエンス強化型ZEB実証事業

 (2)ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業

 (3)既存建築物における省CO2改修支援事業

 ※ 詳細はこちらから 令和3年度事業概要


2.公募期間

  令和3年6月3日(木)~7月26日(月)


3.公募要領

  下記執行団体ホームページより、ご確認下さい。

  http://www.siz-kankyou.jp/2021co2.html

  
※ 問合せ先 (本補助事業 執行団体)

  一般社団法人 静岡県環境資源協会
  (担当 省CO2促進事業 支援センター 長谷川・山梨)

 

    電話番号 054-266-4161(代)
    E-mail:center@siz-kankyou.or.jp