一般社団法人 日本ビルヂング協会連合会 | Japan Building Owners and Managers Association

■ 背景・目的

  2050年カーボンニュートラルを実現するためには、CO2削減ポテンシャルが大きい既存建築物への対策が不可欠です。今般環境省では、令和5年度補正予算において、既存建築物の外皮の高断熱化及び機器等の高効率化工事に対して補助を行う「脱炭素ビルリノベ事業」(業務用建築物の脱炭素改修加速化事業)を新たに開始しました。本事業は、温室効果ガスの排出削減と産業競争力強化・経済力の成長を共に実現する事を目的としたGX予算で執行されます。

本事業はビル事業者が、環境適合対応を図るための既存改修に活用できる補助金で、以下の面で非常に有効な制度となっています。

・申請期間の長期化(8か月間)

・補助年限の複数年化(最長3か年)※特別に年度をまたいだ執行を可能

・補助総額約300億円、補助率:費用の1/2~1/3、補助上限:1事業10億円

但し、補助適用要件や申請手続き等が多少複雑、煩雑な側面があるため、今般環境省にお願いしビル協会員向け、特別説明会の開催を企画しました。少しでもご関心のある方、制度に関して詳しい情報を得たい方、申請手続き等についてご相談したい方など、遠慮なく参加申込み下さい。環境省や執行団体である環境共創イニシアチブから直接説明を受けられる有益な機会となります。ご参加宜しくお願い致します。

■開催日時:5月15日(水)15:00~16:30

■開催場所:コンファレンススクエア エムプラス ミドル1会議室

     (千代田区丸の内 2‐5‐2三菱ビル10F)

■参加料 :無料

■講演者(説明者):以下の2名を予定

環境省:地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室 室長補佐 鳴海 匡

一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII):事業第1部 部長代理  綛山 裕介 

■申し込み:こちらのサイトにて記名入力後送信下さい。(先着30名想定)

      https://www8.webcas.net/form/pub/t-boma/rinobe515

                                    以 上 

平成18年に発生したエレベーターの戸開走行事故を受け、平成21年9月28日以降に設置したエレベーターについては設置措置が義務付けられていますが、この度国土交通省より、義務付けされていないそれ以前の既設エレベーターについても保護装置の設置や補助制度の活用の周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

戸開走行保護装置等の積極的な設置促進について(協力依頼)

令和4年度の経済産業省予算において、
「先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金」として253.2億円が計上されています。5月25日から6月30日まで、公募を受け付けています。

 

補助対象となる事業は4つあります。
①先進事業 ②オーダーメイド型事業 ③指定設備導入事業 ④エネスマ事業 


このうち、③指定設備導入事業は照明や空調、業務用冷蔵庫等が対象。
たとえば、オフィスビルの照明に関し、調光制御設備も対象に加わっています。


  ※調光制御設備(無線制御=センサとLED照明器具が無線による通信)
         (有線制御=センサとLED照明器具が有線による通信)
         (人感センサ付LED照明器具)

 

詳細は補助金の公募団体(一社)環境共創イニシアチブのホームページへ
   → https://sii.or.jp/cutback04/overview.html

 

また、調光制御設備に関する詳細情報は(一社)日本照明工業会ホームページへ
   → https://www.jlma.or.jp/information/220602cutback.pdf

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(LED照明導入促進事業)の
執行団体である(一社)環境技術普及促進協会が、同補助金の2次募集を
開始しました。


 2次公募の詳細について → こちから

 

 

公募説明会を今月21日から31日にかけて東京、大阪、岡山、小倉、
名古屋の5会場で開催します。


 説明会の詳細について → こちらから

環境省は、平成29年度から新たに予算措置を講じた「LED証明導入促進事業(PCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業」の公募を4月24日から開始しました。

 

  → 詳細はこちらから

(一社)日本ガス協会より経年劣化した土中埋設白ガス管の取替えの要請及び補助金について案内がありました。

詳細はこちらをご覧下さい。

経年埋設白ガス管の取替え事業について

補助金について