一般社団法人 東京ビルヂング協会 | Tokyo Building Owners and Managers Association

平成30年度版ビル実態調査のまとめ(全国版・東京版)

平成30年度版ビル実態調査のまとめ(全国版・東京版)

今般、平成30年度版「ビル実態調査のまとめ」を発行いたしました。
ビル実態調査は昭和40年から毎年、継続して行っている調査で、会員ビルの、全国 最大規模で行う、建築概要、設備状況、営業状況・体制、管理体制等について尋ねた、ビルに関する総合的な調査です。項目についても、ビル業界の趨勢にマッチしたものとして見直しを加えて参りました。
毎年約900棟(全国版)の 信頼できる運営状況の会員ビル回答から成る 調査結果「ビル実態調査のまとめ」は、ビルのスペックやサービス、運営・管理のあり様について、ビルに関する多面のデータが掲載されている点で、ビル業界、建設業界、マーケット関係者にとっては大変有用な資料と考えております。
平成30年度版「ビル実態調査のまとめ」は、一般の方でもご購入いただけます(4,000円、税・送料込)。なお、今年度より、従来の冊子版とCD-ROM版をCD-ROM版に一本化しております(CD-ROMに全国版と東京版の情報が収められております)。なお、会員の方には別途価格割引がございます。
 
□ビル実態調査収録内容
 ・基本情報編:建物概要/主要諸元(設備)/敷地等
・営業関連情報編:所在マーケットの概況/貸付状況/賃貸借契約/営業方法
・管理関連情報編:管理体制/利便施設・設備/災害対策/バリアフリー対応/リニューアル
・エネルギー使用量編:エネルギー使用量が前年度から増減した理由